端午の節句

明日は五節句の一つ「端午の節句」です!


現在でも「節句」の言葉が広く使われているのは、なんといっても「端午の節句」でしょう。


逆に節句というと端午の節句しか浮かばなかったりもします・・・。


この「節句」と「端午の節句」の歴史についてちょびっとだけ説明をします^^


今では「五節句」と言いますが、これが式日として制定されたのは江戸時代初期。

奈良時代から室町頃までは「五節(ごせち)」と呼ばれていました。


なお、江戸時代の「五節句(五節供、五節)」は今と同じ「人日(1月7日)・上巳(3月3日)・端午(5月5日)・七夕(7月7日)・重陽(9月9日)」です。


ですが、それより以前の「五節」は「正月(1月1日)・白馬の節会(1月7日)・踏歌の節会(1月16日)・端午(5月5日)・新嘗祭(11月23日)」でした。


この日程に変更があったのは、背景として、平和を謳歌した江戸時代にお節句が増えすぎた(年間200以上とも笑)ために無理やり式日指定を行い、その時にある程度均等配分したため、なんてことも言われています。



そして明治時代には政府によって五節句は一旦廃止されます。


時代はうつり、1948年、「祝日法」の制定で「こどもの日」として端午の節句は復活します^^


※ちなみに、祝日法では「新嘗祭」も「勤労感謝の日」と名前を変えて指定されています。(新嘗祭は明治時代にも祝日です)この二つ「端午の節句」と「新嘗祭」、これはそれぞれ農業の田植えと収穫を背景にもつ行事です。日本人にとって農業がいかに大切かを感じます。


こうして数えていくと「節句」としての歴史は端午の節句が一番長いってことになります。


正月と新嘗祭は最重要としても、その次くらいに重要な日が端午の節句といえますね。


そんなこんなで歴史を説明してきましたが、端午の節句で多分ずっと変っていないテーマなのは、「菖蒲」と「ちまき」です^^



ちまきって



おいしいですよね。



みんな食べてね。



以上、大西でした。




Sechie ~節会~

「節会」とは、季節の変わり目・節句の日に行われるお祝いや宴のことです。日本文化の見直しがさけばれている近年にあって、「節会・節句」という季節の伝統行事は少子化や生活環境の変化などの影響で家庭から姿を消そうとしています。日本古来からの美しい伝統行事を、現代の暮らしに合わせて提案をする試みを始めました。四季折々の季節を楽しみながら伝統の「もの・技術・こころ」を多くの人に見て頂けると幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000