PHILOSOPHY

お節句の魅力をより多くの人に伝えたい。




年に五回巡り来るお節句。

これまでお節句飾りは多くの文化人やはもちろん、一般市民にとっても大きな憧れでした。

季節の移ろいを感じ、祝いや祈りの意味を込めて各家庭で飾り付けを楽しんでいました。


お節句の飾りは本来「祝いや祈りの意味を持ち、季節を彩る室礼である。」と私たちは考えています。


室礼(しつらい)とは季節や場面に合わせて調度品を飾り付けることです。

言葉を換えれば字のごとく、室内の礼儀を整えること。

これは日本固有の考え方ではなく「インテリアコーディネート」の本質と同じです。



いまの世の中では海外製の安価な商品や利便性を追及したセット商品で溢れ返っています。

また、全国各地で節句イベントは行われるものの、いま作られている節句品が使われることはほとんどありません。


そんな中で私たちが表現したいのは、

〇節句文化の楽しさや豊かさを伝えること

〇空間から美しくしつらうこと

〇今の職人が作っているものの本当の美しさを引き出すこと


空間の和洋などのジャンルを問わず、

現代に生きる私たちでも憧れるようなお節句の魅力を見せて行きたいと思っています。



「 Sechie ~節会~」(Sechieの会)